安全性の高いレーシック

安全性の高いレーシック

レーシックは、角膜の手術により視力の回復を図るもので、日本では、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がった方法です。
レーシックは現在では世界中に広がった視力矯正施術となっています。

 

きっかけとなったのは、世界でも基準が厳しいと言われるFDA(アメリカ食品医薬品局)が1995年にレーシックに使われる“エキシマレーザー”と言われる装置による治療を認可したことによるようです。

 

FDAの認可により急速に普及していったレーシックですが、世界では毎年100万人以上が手術をしているのに対し、日本では、わずかに5万人程度しか普及されていません。

 

その背後には、「手術は最後の手段であるべき」という医学会の考え方があるようですが、日本では、著名人のレーシック利用などの口コミにより、年々利用者が増えているようです。

 

レーシックの盛んなアメリカにおいて1%以下という低い割合ながら、術後に合併症が発生することもありますが、レーシックは大変安全性の高い視力回復手術の1つだといえます。

最新ニュース


Warning: file_get_contents(http://www.ichi777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=s&file=10&s=ok&j=ok): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/lifes011/public_html/match-maker.jp/01.html on line 99

 
HOME 安全性の高いレーシック レーシックのメリット@ レーシックのメリットA レーシックのデメリット 正しい病院選び